会長挨拶

 この度、長崎県産婦人科医会にもホームページが出来ましたので、一言ご挨拶申し上げます。

 昭和23年頃から長崎市内の12軒の産婦人科医が自宅での持ち回りで会合(十五日会)を持っていたのが、産婦人科医会の始まりのようです。昭和37年に「産婦人科医会集団会」と呼称が変わり、事務所は長崎大学産婦人科教室内へ設置されました。昭和40年5月に「長崎市優生保護法指定医師会」と改称され、昭和56年には長崎医師会新築に伴い、事務所が長崎県医師会館内へと移転しました。その後、平成8年に「母体保護法指定医師会」更に「日本産婦人科医会長崎県支部」へ、そして「長崎県産婦人科医会」へと改称され現在に至っています。

 私たちは長崎県内の妊婦さんがどこにいても安心して出産できるよう、県内の分娩施設の先生方と講習会や講演会などの勉強会を頻回に開催していますし、離島や地方の市・町の産婦人科医がいなくならないよう長崎大学産婦人科教室に協力しまた支援して頂いています。

 今の医療は日進月歩で素早い情報交換が必要とされています。私たち産婦人科医会の役員は毎月理事会を開催し、各担当理事が日本医師会、日本産婦人科医会、九州ブロック協議会などの会議内容や情報を発表・議論して、必要なものを会員へ連絡しています。ところが、情報伝達が遅い、もっと情報を知りたいなどの意見があり、今後は理事会の内容も即時にホームページへ掲載したいと考えています。

 また、私たち産婦人科医は県内の小・中・高校へ出かけて性教育を行ったり、この3年間は毎年10月長崎市の水辺の森公園で開催されます「ラブフェス」に参加し「エイズ撲滅キャンペーン」「子宮頸がんワクチン啓発」「乳幼児虐待予防」などを市民の皆様へ訴える活動をしています。

 今後も子ども・女性が健やかに過ごせるよう、また女性の生涯の健康に少しでもお役に立てるよう私たち長崎県産婦人科医会は一丸となって努力していきます。

 よろしくお願い申し上げます。

安全で質の高い周産期医療と小児の健全な発育を支援する取り組みについてご紹介します。
産婦人科医会会員専用のページです。アクセスにはID及びパスワードが必要です。
◆長崎県産婦人科医会
◆長崎県周産期医療支援
 システム協議会
住所:〒852-8532 
   長崎市茂里町3番27号
  (長崎県医師会館内)
TEL:095-844-1111
FAX:095-844-1110

ページの先頭へ